FXのレバレッジの今と昔について

FXと呼ばれるサービスはかなり以前から存在していました。

近年になってかなり一般的に親しまれるサービスになってきましたが、それ以前は一部の資産家や企業のためのサービスとしての立ち位置だったのです。

そのようなFXが現在の様に一般のサラリーマンでも利用することが出来るように変化してきた背景には様々な規制の実施に加えてインターネット環境の普及があったと考えられています。
ほんの少し前の時代にさかのぼるだけでFXにはハイリスクハイリターンでとても一般人には勧められない特徴のある金融商品であったことが分かります。



その当時はレバレッジも現在のように規制されておらず、非常に大きくとることが可能であった時代もありました。

それこそ400倍のレバレッジが可能な時代もありましたので、この様なポジションをたくさん持っている状態で予想通りの値動きをすれば巨額の利益を得ることが出来たのです。

このレバレッジも現在では最大が25倍に規制されており、損失が発生した場合のリスクを小さく抑えることが出来るようになったのです。



そしてインターネット環境が普及し、手のひらに収まるスマートフォンでもFXの取引が全て完結できる時代になりました。
この様な環境の変化も個人投資家の参入を加速させることにつながっているのです。



この様に安全性が高まるのと利便性が高まるのに引っ張られる形で多くの人が気軽にFXの世界に参入することが出来るようになってきました。