FXにおける「利確と損切り」の判断ポイント

FX取引を行っている上で、「いつ売るのか」という判断は非常に大切です。


一応、システム上では「ポジションを持ち続けることが出来れば、ほぼ必ずプラスで終了することが出来る」というものになっています。


購入したポジション(売り・買い)に対して、一時的に大幅なマイナスになってしまったとしても最終的に相場が戻ってくる段階まで保有できれば負けることはありません。


ただし、「スワップ金利」の関係を加味することが必要で、保有し続けているだけで毎日数千円ものマイナスになってしまうのであれば、余程潤沢な資金を準備しておかなければ対応することが出来なくなってしまいます。



かといってスワップ金利がプラスのポジションを持っていたとしても、通貨が破たんしてしまうリスクを孕んでいるため安心しきってしまうことはできません。


つまり、「どこのタイミングでポジションを手放すのか」と言うことを適切に判断していくことがFXで勝つ為に必要なことと言え、いわゆる「利確と損切り」を適切に行っていくことが大切です。

セオリー通りのFX取引を行っていれば基本的には良いのですが、「もっと上がるかもしれない」という希望的観測を出来る限り持たず、客観的な根拠に基づいて判断していくことが必要です。



予め基準値を設定しておいて、その金額を超えたら利確もしくは損切りをすると決めてしまい、ルーティーンに沿った取引を心掛けるようにしていくと不要な損失を生むリスクを避けられます。